読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーが荒ぶって酒を飲みまくるブログ

痛いミーハー女の婚活記。体脂肪率36%あります。ダイエットしてます。でもお酒がやめられません。ジャニーズとハロプロが好きです。

塩かわいい男子って何なんだよ猫が似合うのはロン毛のダメンズ一択だろ

アラサーの日常

Juice=Juiceの金澤朋子ちゃんの飼い猫、ぬんとぅん目当てでHanakoを買った。

 

 

Hanako(ハナコ) 2015年 11/12 号 [雑誌]

Hanako(ハナコ) 2015年 11/12 号 [雑誌]

 

 

キャッチコピーが「猫と男が幸せを呼ぶ」

 

なんか女性からしたら身も蓋もないこと言われちゃったな感がすごいコピー。

私はどちらかというと猫と男っていうより

猫と酒と肉と音楽の方が幸せ呼んでくれるかな。

 

YES!我儘サブカルライフ!!!

(こういうタイトルの歌を椎名林檎あたりに歌ってほしい)

 

Hey!Say!JUMPの伊野尾くんが表紙でした。

家族全員に「これ、女?」って聞かれたよ。

 

頭に花輪つけてマンチカン抱える伊野尾慧という最先端のセンスは

POTATOでもduetでも成し得ないセンスでしたね。

ジャニオタの皆様はどう思っているんだろうか。

私は新規のセクゾ担なのでこの辺はよくわからない。

 

私の中で猫が似合うというか、猫っぽいジャニーズは

中丸君とか山田様とか佐藤勝利君とか、菊池風磨大先生だったから

なんで伊野尾くんなのかなーって思ったよ(伊野尾担の皆様、ごめんなさい)

 

でもよく読んでみると伊野尾くんは猫っぽいからオファーされたのではなく

これからの時代は塩かわいい男子と猫の組み合わせが流行るらしい。ということでした。

 

そもそも塩かわいいって何なのよっていいますとね

 

昔はソース顔やしょうゆ顔が流行ったけれど

 

涼しげな顔だちとスラリとした体形で中性的な雰囲気を漂わせ

何を考えているかわからないミステリアスさに魅了される女子が急増

ハマると振り回されるとわかっていながらもどうしても惹かずにいられない……。

最近の有名人で例えるならば、綾野剛とか向井理とか羽生結弦とか。

 

それが塩系男子らしい。

それがなんか猫っぽくね???可愛くね?

 

てことらしい。

本誌ではそんな塩系男子の扱い方を猫の扱い方に例えて紹介されている

 

まぁ、結論から言えば都合のいい女になれって書いてあったんだけど

 

猫とイケメンの写真は癒しでしかなかったですね。

本当ありがとうございましたごちそうさまでした。

 

生まれ変わったら谷中をカメラ持って猫追いかけまわして

喫茶店で茶をしばくデートをするような可愛い女の子に生まれたかったです。

(私にできることといえば江の島でビール片手にふてぶてしい猫に頭を下げるくらいよ)

 

もちろんお目当だった金澤朋子ちゃんの飼い猫ぬんとぅんの雑誌デビューも

堪能することができ、満足の内容でした。

 

でも何か足りない。

 

そう、塩かわいい男子は私の好みではない。

 

私は猫を愛でるダメンズが好きなのだ。

 

ルックスで例えるならばオダギリジョー松田龍平

 

下北沢や三軒茶屋あたりで何故か猫に好かれてしまう

ロン毛、ヒゲ、メガネメンズの写真集欲しい。

 

 

なのでHanako編集部様、次は

「やみつきダメンズ」と「塩かわいい猫」特集をお願いします。

 

それか猫っぽいジャニーズ総選挙なあああああ!!!

永瀬廉くん優勝ー!!!!

(それはMYOJOかポポロあたりかな)

 

という雑誌の感想文でした。

 

※このブログはストロングゼロを飲みながら書きました(ほろ酔い)