読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーが荒ぶって酒を飲みまくるブログ

痛いミーハー女の婚活記。体脂肪率36%あります。ダイエットしてます。でもお酒がやめられません。ジャニーズとハロプロが好きです。

出会い系サイトにハマった中2の夏

また懲りもせず街コン予約した。

そのうち街コン荒らしってあだ名つくと思う。

何かが得られるわけではないのに一瞬チヤホヤされたいがために己のエネルギーを使う不毛な日々。

ふと出会い系サイトにハマった時のことを思い出した。

中2の夏休み。
根拠もなく自分は無敵で最強だと思ってた

しかし中2故のモラトリアムを抱え孤独を感じていたので出会い系サイトに登録してみた

出会い系サイト関連の犯罪が流行ってたので身を守るために一応、自分にルールを設けた

それは絶対に人と会わないこと

何かヤバい事があればメアドを変えればいいと思ってたし何より自分は無敵で最強だからもしヤバい目にあいそうになったら2個上の不良の先輩の友達(喋ったことはない)が何とかしてくれると思ってたw


というわけでいざ、インターネットの海へ!

当時のプロフィールは覚えてないけど中2であることは明記したと思う

すると一瞬にしてメールが何十件も来た。

いきなりちんこの画像送りつけて来る奴とか援交の申し込みとか告白してくるやつとか顔も見たことのない田舎の中2にこんなの送りつけてくる大人が沢山いるんだと思ったら日本終わってんなーと思ったw

その中から年が近い人や礼儀正しそうな人を探しメールのやり取りをする

何回かやり取りをするとだいたい会おうよみたいな話になる

それをのらりくらりと交わしているとだいたい連絡が来なくなる

そうすると寂しいのでまた別の人を探す

平凡な田舎の中学生だったけど


「中2である」

というブランドだけでこんなにもチヤホヤされるというのが正直驚きだったし街を歩いてる大人も本当は中2にいやらしいメール送ったりしてるのかなと思うと人間不信になりそうだった

というか人間不信になった

出会い系サイトの人が自分に求めるのは中2であることと肉体関係だった。それ以外は何の価値もないように思えた。自分の価値は何だろうか、相手に好かれるにはどんな自分を演じた方が良いのか
自然と売女のような発想になる。そんな自分が恐ろしかった。

会わない、顔も晒さない、メールの文章だけの自分に魅力を感じてくれる人はいないのか

なんなら芸能人がお忍びで出会い系サイトやってないかなーとか思ってた

今思うとバカみたいだけど本当にそんな事を考えてたと思う。

毎日知らない人からヤバいメールが沢山来るので携帯を肌身離さず持つようになった。ちょっとでも携帯から離れると不安だった。携帯依存症だったと思う。

夏休みが終わり学校が始まるとメールも頻繁にやり取り出来なくなるし学校に行ってる間、携帯は家に置いていたから親にバレるのが怖くて出会い系サイトを辞めた

パケ放題とかなかった時代である。

夏休みの寂しさの代償は高かった。

携帯代の請求が3万円も来て親にすごく怒られた。

その時初めて自分がやっていた愚かなことに気がついた。

3万円あれば友達と遊園地行ったりプール行ったり色々出来たのに何で顔も知らない変態おじさんとメールばっかりしてたんだろう…

お金と時間と自分の価値とは何たるかを学んだ中2の夏休みだった

人気ブログランキング
恋愛ブログランキング - 恋愛・結婚ブログ村(ノンアダルト)